朝の涙

朝の涙

◆400文字

 田舎のおばあの家は、少し寒い。
 大きな木造の家は、隙間風がどこからともなく入ってくる。


 朝早く目が覚めてしまったので、雑草が生い茂る庭に出てみた。
 朝露がすごい。草木に滴る水滴に光が反射して、なんとも綺麗だった。
 見惚れていると、おばあも庭に出てきた。

「朝の涙じゃね」

「涙?」

「ワシのおかあが言うとったんよ。冷えた朝はどうしようもなく、泣きたくなる時があるんやって。そんな時は、朝が自分の代わりに泣いてくれるらしいわ」

 おばあは、気難しそうな表情をしながら話した。

「そっか。なら、この朝も私の代わりに泣いてくれているのかもね」

 私がそう伝えると、おばあはにっこりと微笑んだ。


 そして、かすみのように消えていった。

「そんなに早く逝くなよ、おばあ」

 朝が代わりに泣いてくれても、私の瞳から、また涙が溢れる。

 でも、なんだかおばあらしいな、とも思えた。
 庭から仏間を覗く。
 線香の煙が、ふっと揺れた。


この作品は「ショートショートnote」を使用して執筆しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

17 − twelve =

目次