女の子の秘密

秘密

◆実話怪談
◆1,000文字

女の子の秘密

 沖縄県に住む友人の翔子から聞いた話。


 翔子がまだ専門学生だった頃、仲の良かった友達4人で遊ぶことになった。なかなか遊ぶ場所も決まらず、結局美幸という子の家で宅飲みをすることになったそうだ。


 当時、翔子には彼氏がいたので、友達と飲むことを報告し、念のため美幸の家の場所も彼氏に教えた。

 すると、彼氏はなぜか訝し気な表情をしている。浮気を心配されているのかもしれないので、念を押すように女友達しかいないことを伝えた。彼氏は宅飲みを許可してくれたのだが、翔子はその彼氏の表情が気になっていたそうだ。


 美幸の家に集まり、宅飲みも進む。夜中にもなると美幸は酔い潰れてしまった。酒が弱かったらしく、そうそうに寝ていたらしい。


 3人がちびちびと飲み会を続けていると、急に電気がチカチカと明滅を始めた。


「うわ、蛍光灯切れかけなの? どうする?」


 3人が不安そうに電気を見つめていると、――ブツンと電気が消える。

 その時、翔子は急になにかの気配を感じた。その気配のもとは、美幸が寝ている先の押し入れからだった。どうやら他のふたりも同じように感じたようで、心細い外の灯りを頼りに押し入れをじっと見つめる。

 すると、誰もいないはずなのに、押し入れの扉がガタガタと動く。ネズミ……にしては大きい気がする。


「ね、なんかいるよね」

「怖いんだけど」

「……開けてみる?」


 暗闇のなかで、得体の知れない何かがいる恐怖より、その正体を見破って安心したいという気持ちが勝ってしまった。ガタガタと震える押し入れに指をかけ、スーッと開く。


 押し入れのなかには、青白い肌をした子どもが体育座りをしていた。

 顔は腕と膝のなかに埋めているので、見えない。だけど、直感的に「男の子だ」と翔子は感じたらしい。

 ほかの友人もその子どもが見えていたらしく、急いでその家から逃げ出した。結局、外が明るくなるまで3人は近くの漫画喫茶で時間を潰したとのことだ。


 朝方、翔子の彼氏が迎えに来てくれた。未だに怖かった翔子は誰かに話しを聞いてほしくて、彼氏にこのことを話した。すると、彼氏からは「やっぱりね」という意外な答えが返ってきたそうだ。


「子どもでしょ? 実は、あのアパートで俺の友達も似たような体験をしてるんだよね……。怖がらせたらいけないと思って話してなかったんだけど。有名だよ。押し入れで亡くなった子どもの話……でもまさか、アパートだけじゃなくて、部屋も同じなんてね」


 以降、美幸の家で集まることはなかったそうだ。


 翔子は話し終えると、「ね、その時の彼氏最悪だと思わない? 普通言うよね」と、当時のことを思い出して腹を立てていた。

 

「その美幸って子には、押し入れの子どものこと話したの?」と私が問うと、翔子は声を大きくして否定した。

「言えるはずないじゃん! 美幸だけ置いて逃げたのに、薄情だと思われちゃうから」


 美幸さんは、学校を卒業するまでその家に住んでいたそうだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two × 5 =