安土山

安土山

◆実話怪談
◆1,000字

目次

安土山

滋賀県の近江八幡市には安土山がある。

安土桃山時代、織田信長が安土城を築いたところだ。

この山は地元の人間なら皆知っている心霊スポットで、「落ち武者がでる」と口揃えて言う。

同級生の藤原も、安土山で心霊体験をしたそうだ。

大学になってすぐ車の免許を取った藤原は、友人と夜中まで遊んでいた。

まだ若いノリが捨てきれない年齢だ。

「カブトムシを捕りに行こう」と友人の津田が冗談を言ったことが始まりで、安土山に行くことになったらしい。

藤原は落ち武者の噂は知っていたし、正直に言うと嫌だったが、友人の手前怖いだなんて言えなかった。

藤原が車を出し、津田ともうひとり、鈴本を乗せて安土山へと向かった。

時間は夜中の2時。安土山は低山なので、登るのにそう時間はかからない。

山の不気味さが手伝って早足になったのか、3人はすぐに頂上に着いてしまった。

目に入る木をかたっぱしから懐中電灯で照らしてみるが、カブトムシの影すらない。

「なんだよー、ゼミでネタにしようと思ったのに」

なんて、収穫がないことを津田は不満げにしていたらしい。

「しゃーないじゃん。もう帰ろうや」

藤原がそう提案したとき、鈴本の様子がおかしいことに気づいた。

下を向き、肩を上下させている。

「こんなちょっとで息上がったなんて、体力なさすぎだろ!」

津田がそう茶化すと、鈴本は顔を上げた。

その顔は血色が悪く、唇まで紫になっていた。

夏の夜に、まるで凍えてでもいるかのような顔。

藤原はすぐに異常を察し、鈴本の傍にいった。

「おい、大丈夫か」「どうした」そう藤原が問いかけても、鈴本から返事はない。そうこうしているうちに、電池が切れたオモチャのように鈴本は倒れてしまった。

霊とか、怖いとかじゃない。やばい。

焦ったふたりは鈴本を担いで山を降りて、車の後部座席に座らせた。

「とりあえず病院へ行こう」

車を出し、安土山から離れようとする。

藤原は運転席からバックミラーで鈴本を見た。

青白い肌、血が通っていないような唇、窪んだように暗い目。

それは落ち武者の姿そのものだった。

背中に嫌な怖気を感じながら、藤原はこう思ったらしい。

「だからさ、落ち武者が出るんじゃないんよ。落ち武者みたいになるところなんや」

煙草をふかしながら、藤原はぼそりと言った。

「……今でも、バックミラーを見るのが怖いときあるわ」

安土山は今、夜には入れないようになっている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

twelve + ten =

目次