実際ブログって稼げそう?って質問に答えてみるなど

ブログって稼げるの?

毎日、目まぐるしくやるべきこと、やりたいことが積み重なっています。

ひとりブラック企業こと、蜂賀三月です。

早いものでWeb Novel Laboを開設してもうすぐ四ヶ月になるのですが、仲の良いクリエイターさんから質問をいただいたのでその質問に触れながら独り言を書きます。

実際ブログって稼げるの?

開設して四ヶ月で大儲けできるなら楽ですよね。笑

正直、現時点では子どものお小遣いにすらなりません。

昔からブロガーとして活動を続けられている方だったら、今も稼げているんじゃないんでしょうか。

実際、ブログで稼ぐことはとてつもなく難易度が高いです。

  • アクセスを集める(広告収入)
  • アフィリエイトで稼ぐ

シンプルなようで簡単じゃないんですよね。

ましてや、自分のブログは大きな検索流入が見込めるカテゴリーでもないし、セールスライティングを主にしているわけでもないので。(ていうか、いいサービスならついでに紹介するけど、押し売りはしたくない)

もともとnoteの記事でもいくつか書いているんだけど「クリエイターの場所を創りたい」というのがあって活動しています。なので、収益化が最優先になっておらず、マネタイズのコンテンツではないんです。

だからこそ、お金にもならない活動を続けられているという面もあるんですけどw

はっきり言って収益という部分だけで考えたら大赤字です。

もちろん、ブログを無料で開設することもできますが、色々と制限があって自分はやりにくいと思いました。

それならnote1本でやっている方がまだいい気がします。

独自ドメイン、レンタルサーバに合わせて自分はWordPressテーマも有料のものを使用しています。

そこからなにかしらの依頼をしたクリエイターに渡す報酬、コンテストの賞品などにもお金はかかります。

あとはですね、自分は記事のアイキャッチ画像のためもあってCanva proに入っています。

……そう考えたら毎月結構使ってますね。

マイナスもいいところですよ‼

だけど、記事を読んだ感想、コンテストの感想が届くとそんな気持ちはぶっ飛びます。

ブログやって良かった~! 役立てて良かった~! となるので、やりがいがあります。

いつかの目標としてはブログに収益が出て、その収益でコンテストを開催したり企画をして、その活動をずっと続けていけたらいいなって思ってます。

クリエイターも読者も楽しめる、そんな場所やコンテンツを作るために、これからも頑張りたいです。

なので運営・維持のためにAmazonアソシエイトやASP、広告が入るのは許していただけたらと思います。(てか実際貼ってても踏まれることなんてほぼないんですけどね笑)

いいサイクルを回すためにはどうしたらいいんだろうなー、と日々考えています。

ブログへのアクセスは検索からが多い

SNSを拠点にして記事を宣伝していますが、実はブログへのアクセスの7割はオーガニック検索です。(オーガニック検索は、Googleとかの検索からブログに来てくれたアクセスのことです)

SNSからも創作仲間が来てくれるから心強いですが、意外と検索から記事を読んでくれている方も多く、ありがたい限りです。

この検索流入を増やすためにも色々な記事を書かなければいけないんですよねー。

ひいてはそれがクリエイターのためにも、自分のためにもなるからいいのですが。

実際、このブログというものが蜂賀はかなり好きみたいです。

なにかをインプットして、なにかをアウトプットする作業というのは記憶が定着します。

しかも、それを求めている方の役に立てるならもう言うことはありません。

気になったものは検証してみたい性格なので相性がいいです。

最近したTikTok×小説の検証も、かなり楽しんでいましたw

今はこの個人ブログも作れたことですし、小説関連以外の記事も書いていけます。

それがWeb Novel Laboへのアクセスを増やすことにも繋がると思いますし、こちらでもぼちぼちなんか書いたりすると思います。

その前に小説の引っ越しもちゃんとしなきゃいけないんですけどね……。

そんな独り言でした。

あ、明日に坊っちゃん文学賞感想会のスペースやります!

司会、うまくできるかわかんないし緊張してますけど、良かったら聴きにきてください。

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

seven + 6 =